軽量かつコンパクトなフォルムが進化した新たなZシリーズ、Z-7!

軽く。小さく。
シールドシステムをはじめとする全てを刷新し生まれ変わった、新たな「Zシリーズ」。
シリーズのコンセプトである、軽量かつコンパクトフォルムをさらに進化させ、躍動感あふれるエアロフォルム、高効率なベンチレーションシステム、静粛性を高め快適なかぶり心地を極めた内装、それらすべてが創り出す新たなピュアスポーツフルフェイス。
Z-7にグラフィックモデル「PARAMETER」(パラメーター)が新たにラインナップ。

コンパクト&ライトウェイト
ヘルメットのひとつの理想形、「軽くて小さい」を形にする
Zシリーズのコンセプトのひとつである「コンパクト」を躍動感あふれるエアロフォルムで結実。Z-7ではSサイズ以下に専用のシェルを追加し、ミニマムサイズをさらに小さく、全4サイズのシェル構成としました。
また、構成するパーツ一つ一つの軽量化をさらに進め、スポーツフルフェイスとして極限の軽量化を達成、理想のコンパクト&ライトウェイトを実現しました。

エアロフォルム
デザインと機能性を両立した、洗練されたエアロフォルム
大気を切り裂いて走るハイスピードライディング。
ヘルメットもライダー・マシンと一体になり、大気の壁に突き進んでいきます。
ヘルメットの空力性能は特に高速走行時におけるライダーの首への負担に直接影響します。
SHOEIではシェルデザインを、大型風洞実験設備で繰り返し検証を重ねることで、より確実で実践的なエアロフォルムに形造っています。

静粛性
長時間のライディングほど実感できる「静かさ=快適」
長時間の高速走行でライダーにかかる負担はなにも風による風圧だけではありません。
ヘルメット内部に侵入する風切音は、ライダーの集中力を削ぎ落とすとともに、それが長時間に及ぶと確実に疲労として積み重なってきます。
エアロフォルムと共に密閉性を高めたシールドシステムなど、まずは風切音の発生そのものを最小限に抑え、発生した風切音も、密着性を高めた内装システムにより音の侵入を防止。さらにヘルメット内部のイヤースペースには着脱可能なイヤーパッドを装備することで大幅な風切音の低減を実現しました。
音の発生から侵入まで、音への二重三重の対策が、長時間のライディングを楽しむライダーの疲労を格段に抑えます。

シールドシステム
自然でクリアな視界を確保するCWR-1 シールド
新開発の「CWR-1 シールド」は、シールド全体に単一の曲率や厚みを持たせるのではなく、部位に応じて曲率や厚みを最適化することで光学特性を高め、歪みを徹底的に抑えることで、自然でクリアな視界を提供します。さらにシールド上下端にリブを設けシールド自体の剛性を高め、風圧によるシールドのたわみや開閉時のよじれを解消。高速走行時の密閉性やシールド開閉の操作感においても高いクォリティーを達成しました。

シールドの曇りを防ぐPINLOCK? EVO lens
低温時や降雨時に発生するシールドの曇りを防ぐことは、快適なライディングには必須な条件といえます。
Z-7ではシールドの曇りを防ぐPINLOCK? EVO lens を標準装備。
視界のほぼ全てをカバーする、PINLOCK? EVO lens が曇りを抑えあらゆるコンディションで快適な視界を確保します。

さらに進化したシールド開閉システム
簡単確実な着脱、そして可変軸ダブルアクション機構で高い密閉性を確保するシールドシステムも、Z-7では新シールドとともに全てを刷新しました。
シールドベースのスプリングレートを見直すことで、シールドの節度あるスムーズな開閉と、全閉時の密着性を大幅に高めました。またシールドを全閉にすると、シールドノブ部裏側のフックがシェル側にロックされ、走行時の風圧による不意な開放やシールドの動きを防ぎ高い密閉性を維持します。

内装
心地よいフィッティングと確かなホールド性能が上質なライディングを作り出す
快適なライディングに必要不可欠な心地よい被り心地。それらを生み出すのがZ-7で新たに採用した内装システムです。
ヘルメットを着脱する際、シェル下端の形状や剛性によってきつく感じることがあります。
特徴的なシェルサイドのカットラインと一体化されたチークパッドにより、ヘルメットの着脱でシェルを広げて被る際の窮屈感を和らげるとともに、後方確認などの際の首周りの運動性を高めました。また下端にボリューム感を持たせたチークパッドは、3D形状のウレタンパッドの採用で頬を下からやさしくサポート、首周りへのソフトな追従性で心地よいフィット感を作りながらも風や音の侵入を防ぎます。
センターパッドは3DフルサポートインナーTYPE IVを採用。着脱の際、肌が接触する面にはソフトな感触の起毛素材を、着用時に効果的に汗の吸収を早めたい部分には吸放湿性能の高い先進素材をハイブリッドで採用することで、ソフトな被り心地と着用時の快適性を両立しました。また、部分的に赤いメッシュ素材をアクセントとして使用し、グレー&レッドでスポーティーな雰囲気を表現しました。

E.Q.R.S.(Emergency Quick Release System)
万が一の際に第三者がライダーのヘルメットを取り外すことは大変困難な作業です。
Z-7では、チークパッドに専用のタブを装備。救護者はこのタブを引くことでチークパッドを引き抜くことができ、頬のホールドをなくすことで容易にヘルメットを取り外すことが可能となります。
※普段、メンテナンスなどの目的でチークパッドを取り外すときにはE.Q.R.S.を使用しないでください。

ベンチレーションシステム
走るほどに、風を感じる、涼しさを感じる
前頭部中央と、上方の左右に装備する3か所のインテークホールからライナー内部まで走行風をストレートに導入するエアインテーク構造は、ヘルメットの中であってもライダーが風を体感することができる、高いベンチレーション効果を発揮します。さらにスポイラー効果を兼ね備えたエアアウトレットは、高速走行時のヘルメットの安定性とともに、内部に設けた4か所のアウトレットホールから効果的に熱気を排出します。

【発売元】
ショウエイ

【試合観戦における不正入場について】今シーズン、成人の方が小中学生向けのチケットで入場するなどの不正行為が相次いでおります。入場料収入はクラブの運営を支える大きな収入の柱の一つとなっており、是非とも観戦ルールを守り、正しいチケット券種にてご観戦いただきますようお願い申し上げます。

爆買い! Z-7 フルフェイスヘルメット SHOEI(ショウエイ) PARAMETER 57~58cm Mサイズ TC-1 (パラメーター)-ヘルメット

爆買い! Z-7 フルフェイスヘルメット SHOEI(ショウエイ) PARAMETER 57~58cm Mサイズ TC-1 (パラメーター)-ヘルメット

爆買い! Z-7 フルフェイスヘルメット SHOEI(ショウエイ) PARAMETER 57~58cm Mサイズ TC-1 (パラメーター)-ヘルメット

爆買い! Z-7 フルフェイスヘルメット SHOEI(ショウエイ) PARAMETER 57~58cm Mサイズ TC-1 (パラメーター)-ヘルメット爆買い! Z-7 フルフェイスヘルメット SHOEI(ショウエイ) PARAMETER 57~58cm Mサイズ TC-1 (パラメーター)-ヘルメット

爆買い! Z-7 フルフェイスヘルメット SHOEI(ショウエイ) PARAMETER 57~58cm Mサイズ TC-1 (パラメーター)-ヘルメット

インフォメーション

  • +Qualityプロジェクト
「#Jのチカラを示せ」U-23日本代表
2016JリーグYBCルヴァンカップ特集

テレビ放送

一覧へ

【P10倍★13日10:00~15日23:59】Materia3 TM D42 40-T 【奥行42cm】【左開き】 高さ70cm キャビネット 板扉 [マテリア3]

佐藤美希
Jリーグスタジアム訪問記

得点ランキング

詳細へ

順位表

詳細へ

2016 明治安田生命J1リーグ(2nd)

順位 チーム 勝点 試合数
1 川崎フロンターレ SHIBATA セーフティベアー500 ネイビー 25.0CM AB061-25.0 13 5
2 浦和レッズ 浦和レッズ 13 5
10 大宮アルディージャ サンワサプライ SNC-NET16ABK メッシュOAチェア SNC-NET16ABK 6 5

2016年7月23日(土) 22:25更新
KTC 25.4sq.ソケット(十二角) B50-63 対辺寸法:63mm

2016 明治安田生命J2リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 北海道コンサドーレ札幌 北海道コンサドーレ札幌 53 24
22 ギラヴァンツ北九州 ギラヴァンツ北九州 22 25

2016年7月25日(月) 21:37更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。

2016 明治安田生命J3リーグ

順位 チーム
1 栃木SC 栃木SC 39 18
16 ガイナーレ鳥取 ガイナーレ鳥取 13 17

2016年7月24日(日) 21:50更新
【メーカー直送のため代引・日時指定不可】【北海道沖縄離島不可】エバニュー(Evernew) グラウンド整備品 柵棒II(5本入) EKA202

旬のキーワード

「#Jのチカラを示せ」U-23日本代表
2016JリーグYBCルヴァンカップ特集
がんばろう九州「#チカラをひとつに -TEAM AS ONE-」